お茶の淹れ方

お茶を美味しい状態で楽しんでいただくために。

美味しいお茶を淹れるには、ちょっとしたコツが必要なのをご存知でしょうか? 日本茶は苦いといったイメージが先行してしまっているのですが、本来は甘みやうまみとの絶妙なハーモニーこそが持ち味です。しかしお湯の温度や待ち時間によって、それぞれ引き出される味わいが違ってくるのです。ここでは日本茶をより美味しい状態で楽しんでいただくために、簡単なお茶の淹れ方を紹介します。ここで紹介した方法以外にも、自分が“美味しい”と感じたときの感覚を頼りに、ぜひお茶を楽しんでみてください。もしかすると、あなた好みのオリジナルな淹れ方が見つかるかもしれません。

  • 茶碗にお湯を淹れてさまします。

    まずはじめに、沸騰したお湯を人数分の茶碗に入れてさまします。実は茶葉には旨み成分(アミノ酸)が豊富に含まれており、低温でお茶を淹れることにより、渋みを抑えて旨みを充分に引き出すことができるのです。少し面倒かもしれませんが、気長にお待ち下さい。

  • 茶葉を茶さじ二杯ほど急須に入れます。

    茶さじ、またはティースプーン二杯ほどの茶葉(およそ5グラム)を急須に入れて下さい。少し多いかなと思うくらいが適量です。おひとりでお茶を楽しまれる場合にも、最低でもこれくらいの茶葉を急須に入れていただければ美味しく楽しんでいただけます。

  • さましたお湯を急須に淹れて待ちます。

    湯のみに淹れてさましておいたお湯(およそ80度)をゆっくり急須に注ぎ、およそ1分ほど、お茶の葉が開くまで静かに待ちます。急須を揺すってしまうとお茶の中の苦みの成分が出てしまうので、お茶の葉が開くまでは急須を揺すらないよう静かにお待ち下さい。

  • 分量を均等に最後の一滴まで注ぎます。

    注ぎ始めは薄く、後になるほど濃くなるので、お茶を注ぐ分量は濃淡がなく均等になるように順番にまわしながら茶碗に注ぎましょう。また急須のお湯は必ず最後の一滴までしぼるように注ぎきって下さい。こうすることで、二煎目、三煎目まで茶葉の風味を美味しく味わっていただけます。